キャンプ中の安全管理について


「災害や怪我など絶対にありません、させません」とは宣言できません。
しかし、万全の備えを整えることで、楽しく身体を使って体験できるキャンプを目指しています。

緊急災害について

施設全社員の方々が災害危機管理マニュアルでの訓練を受けておられ、また24時間体制で施設の方が夜中も日直としていらっしゃいますので、地震や津波などの緊急災害につきましてはその指示に従うようにとご指示いただいています。
また、入所時にも施設の方より避難場所の案内と確認があり、子ども達にも直接お話しいただきます。

弊社スタッフも避難経路や子ども達の誘導方法なども事前に確認致します。弊社はアルバイトの学生は登用せず、アウトドア専門家や看護師の同行を必須としており、また代表の大橋も普通救命講習を受け修了証を習得するなど、万一の際に可能な限り対応できるようにしております。

万が一、キャンプに参加している全員が災害や事故にあった場合は、エアーワールド株式会社にその対策本部を置き、キャンプ期間中参加者及びスタッフリストの保管をし備えます。
またあらかじめ施設の連絡先や弊社直通の携帯番号なども皆さまにお知らせ致します。

事故・怪我について

各種救急の資格や、遭難時などの応急手当をする資格を持つアウトドア専門家が同行いたします。包丁や火を使う時などアウトドアの指導をし、いざと言う時に備えて英語活動中も一緒に参加したり見守ったり基本常に子ども達の周りにおります。

看護師も同行し、また子育て経験を持つ人材が中心で有事の時だけでなく子どもの小さな変化にも気付きたいと、何かあった時の体制を自社で取れるよう最善を尽くしています。

万が一キャンプ中に医療機関へ行く必要のある怪我が発生した場合は、すみやかに現地の医療機関へ同行するとともに、保護者様にご連絡いたします。