ALWAYS STAND BY YOU ーASBY Internationalーアスビーインターナショナル

小学生・中学生向け英語キャンプのASBY


top

少人数制で英語が沁みわたる

2017年サマーキャンプ募集開始!

 

2017年のサマーキャンプは、淡路島(7/28~29)、広島(8/5~6)、静岡(8/19~20)の三か所で開催します!

2017年のサマーキャンプの募集は終了いたしました。

冬のキャンプ、または次回の夏のキャンプでの参加をお待ちしております!

しっかり学ぶSUMMER CAMP

photo-summer

少人数制だから、しっかり聞く・話す・刺激しあう・吸収できる!

野外炊事やキャンプファイヤー、スイカ割りなど、様々なアクティビティを通してネイティブとふれあいます。

日本人スタッフが、理解できているかな?と常にようすを確認し、「少しわかっていないかも」と思った時は、わかるようにサポートします。

すでに英語を習っている子は、どんどん英語を使うことにチャレンジできますし、英語を習いたての子でもサポートを受けて楽しく参加いただけます!

詳しくは各キャンプの詳細をご覧ください。

2017年のサマーキャンプの募集は終了いたしました。

冬のキャンプ、または次回の夏のキャンプでの参加をお待ちしております!

スキーと英語のSKI CAMP

photo-winter

スキーは安全重視のグループ分けレッスンを行います。

ネイティブと二人きりでリフトに乗る事も!

全く初心者でも二日目の午後にはみんなと一緒に滑れるほどに上達します。

ランチ休憩には雪だるまコンテストや雪合戦など、スキー以外も楽しみます。

英語は夕食後3時間のアクティビティで、しっかり楽しく学びます。

次期シーズンのキャンプ募集開始まで、しばらくお待ちください。

ASBYの英語キャンプは

英語のレベル問わずみんなが参加できます

 

英語を習っているけど使う機会が少ない子も、英語を習っていない子もOK!

様々な英語レベルのお子さんが集まっても、少人数制だから必ずネイティブとコミュニケーションをとることができ、子供同士で触発しあって英語が上達できます。

photo-point1

楽しく英語を学ぶと、自然にジェスチャーができます。

これは、外国人と会話をする上でとても大切な要素です。

間違うのが恥ずかしくて話さない、小さな声で自信なく話すよりは、堂々とジェスチャーや表情を交えながら英語を話すことが英語上達の秘訣です。

photo-point2

単語を覚えるのではなく、決まったフレーズや慣用文で覚えるように指導します。

フレーズ(Phrases)や決まり文句(idioms)などを通して英語を覚えると自然な形で理解でき、読むスピードが上がり、話したり、書いたりする精度も上がってきます。

photo-point3

A(エイ)、B(ビー)、C(シー)は、アルファベットの名前。発音とは違います。

フォニックスやフレーズなどの練習をすることで、音の足し算をしていくことを学び、いろいろな単語が読めるような素地を作ります。

英語+アルファで

お子様の精神面もぐっと成長します

 

ASBYの英語キャンプは、少人数制でありながら、各分野で専門のスタッフが随行。

英語の知識のみならず、生活面やアウトドア、スキーなど様々な面で成長します。

photo-point1

サマーキャンプの野外炊事では、専門のアウトドアスタッフが日本語で安全指導をし、見守ります。

食材切りから火おこし、片付けなど、子供たちが協力して行います。

グループの半分が安全に調理を楽しんでいる間に半分は料理や食事の時に使う英語を違うテーブルで行います。

そうすることでより一層安全に、かつ少人数で英語も学べます。

photo-point2

ひとりひとりのアウトプットの時間があるのも、ASBYの少人数制キャンプならではの利点。

人前で発表することによって英語を話す自信が付きます。

みんな自分の書いた絵を見せたい、可愛い絵だったり面白い絵だったり。

見せたい、伝えたい気持から、英語での発表も自然にできるようになります。

アットホームな雰囲気の中の発表なのでガチガチに話せない子は1人もいません。

photo-point3

学年・英語レベルが様々な子供たち同士で刺激を受け合い、教え合うことで更に成長します。

成功体験を積み重ね、達成感を分かち合います。

ASBYだから実現する

安心・安全・充実のサポート

 

学生バイトスタッフ0で安心

ネイティブ1人に対し、お子様は最大でも6人~8人。英語のシャワーを浴び、コミュニケーションする環境を整えています。

日本人スタッフは現役のパパとママ達が中心。

事前にお答えいただくお子さまのアレルギーを看護師が把握し、同行して様子をチェックし続けます。

 

お子さまの英語レベルは問いません

英語が初めてというお子さまは、いきなり英語オンリーのクラスではなく、日本人スタッフが様子を見ながらサポートします。

ふだんから英語に親しんでいるお子さまは、ネイティブスピーカーと英語で生活するチャンスです!

やった!通じた!楽しかった!を初心者から上級者まで対応できるのがこのサマーキャンプです!

 

「使える英語」のための はじめの一歩

文部科学省は2020年を見据え、小・中・高を通じた新たな英語教育改革をコミュニケーションを重視した「使える英語」に順次シフトします!

ネイティブの外国人と寝食を共にするキャンプは、のびのびした英語体験により「使える英語」をみにつけるための良いスタートになります。

 

ASBYの活動実績

次のステージへの第一歩をサポート

 

2016年、ASBY代表の大橋恵美が小学生英語指導者資格を習得! 2016年のキャンプから、研修を重ねたmpiの要素を十分に取り入れた行程にいたしました。

また、同年豊中市立新田小学校で小学生向けに英語を教えるなど、小学生~中学生向けの英語レクチャーを積極的に行っています。

このように、キャンプだけではなく、各種研修を受けたりレクチャーなども行うことにより、子ども達が楽しく学べる英語の教え方を磨いています。

キャンプでも、ネイティブだからと言って教えることを知らない外国人を同行させるような悪質な英語キャンプとは違い、教えることを目的にできるネイティブをスタッフに迎えています。

日本人スタッフも多く同行し、英語がわからない子供に直接日本語で教えるのではなく、あくまでも英語をわかるようにするための緩衝材の役割や安全面に配慮しています。

今まで、英語がわからないからと、ぽかんとするお子さんは、一人もいません。

キャンプで英語がペラペラに話せるようになるとはいいませんが、子どもの実感としてキャンプが終わる時、「英語が話せるようになりましたか?」の質問にほとんどの子が手を挙げるというのも事実です。

英語が上手なお子さん、初めてのお子さん、レベルは様々ですが、ひとりひとりが次のステージへの第一歩を踏めるように笑顔で帰れるように心がけています。